ルワンecバナー

フルーティーな白ワインカクテル「スプリッツァー」をご紹介

スプリッツァーは白ワインとソーダを混ぜたフルーティーなワインカクテルです。
ワイン文化であるヨーロッパで人気のカクテルになります。
おいしいスプリッツァーを作るコツはワインとソーダをできるだけ冷やしてからつくることです。夏の暑い日にピッタリのワインカクテルです。
簡単につくれますので、ぜひ参考にしてみてください。

スプリッツァーの作り方はカンタンです

作り方はグラスに氷。そこに白ワインとソーダを1:1の割合で注いで完成になります。

材料
・白ワイン
・ソーダ
・柑橘類 レモンや、ライム
・氷

作り方
1グラスに氷を載せます
2白ワインとソーダを1:1の割合で注ぐ
3柑橘系のスライスをグラスの上に載せる

グラスはワイングラスを使うといいですね。

白ワインとソーダの割合はお好みで調整します。
夏にオススメの飲み方は氷をたくさん入れ白ワイン1に対しソーダを2の割合にすることです。夏にピッタリの飲みやすく爽やかなワインカクテルになります。

ワインの風味を感じたい場合、
ワインの分量を多くします。ワインの種類にもよりますが、お好みの味がみつかることでしょう。

白ワインのかわりに赤ワインを使うと?
スプリッツァーツージュというカクテルになります。
赤ワインの場合は豊かで深みのある風味になります。
ぜひスプリッツァーツージュもお試しになってください。

スプリッツァーの派生カクテル
ビール+白ワインで「ビアスプリッツァー」になります。
ビールの苦味と、白ワインのさわやかさが、楽しめます。
ビアスプリッツァーもビールと白ワインの割合は1:1がオススメです。

スプリッツァーの由来やカクテル言葉について

スプリッツァーはヨーロッパで誕生したといわれています。
起源はいくつかあります。

一つ目は1800年代ハンガリーで発祥した説です。
とあるハンガリーの作家が友人と一緒に科学者をワイン貯蔵室に招待しました。
その際、新しく発明されたソーダ水を混ぜてできたという説です。

2つ目は1900年代オーストリアで泡立つワインを作る方法として、ソーダ水を加えることで生まれた説です。

以降手軽さと消費のしやすさから、ワインを飲む各地へ急速に広がりました。

スプリッツァーのカクテル言葉は真実

深いカクテル言葉ですね。真実と向き合うとき、真実を語るとき、ぜひスプリッツァーを飲んで力を借りたいですね!!

スプリッツァーはさまざまなシーンでニーズ

スプリッツァーはいつでもどこでもおいしく飲めるドリンクです。

スプリッツァーは食欲を刺激するドライ飲料のため、海外では食前酒のトレンドになっています。やさしい味なので食べ物との相性も、バッチリです。

シチュエーションも屋外施設のパーティー、フォーマルディナー、ガーデンパーティーなどさまざまなシーンで活用できます。

特に夏の暑い日に、友達とブランチを楽しんでみたり、夕方の涼みに最適なさわやかなドリンクです。

ぜひ皆さんもワインカクテル、スプリッツァーをお楽しみになってくださいね。

一覧ページに戻る

ルワンecバナー

Follow Me!

TOP