ルワンecバナー

母の日にワインを贈ろう!

桜前線もあっという間に北上し、新緑が芽に美しい季節になりましたね。
いつもこの時期に街角のディスプレイを見てふと気づくことがあります。
・・・そう、5月9日はmother‘s day(母の日)ですね。

  1. 母の日のはじまり
  2. 母の日に何を贈ろうか?
  3. 母の日ならでのLoinオリジナルワインギフトセット!
  4. オンライン接客もスタート

母の日のはじまり

いつから母の日はあるのでしょうか。その起源には諸説ありますが、有名なところでは、100年ほど前のアメリカ・ウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配ったのが始まりとか。

その後、ウェストヴァージニア州知事が5月第2日曜日を母の日にすると宣言し、この風習はアメリカ全土に広まり、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。

ちなみに、日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期頃。1915年には教会でお祝いの行事が催され、徐々に民間に広まっていったそうです。

母の日に何を贈ろうか?

何をもらっても、愛する我が子からの贈り物に目を細めることでしょう。もしかしたら贈り物よりも、何より嬉しいのは一緒に過ごす時間かもしれません。離れて暮らしている場合には尚更でしょう。しかし、昨今はそれも叶えにくい状況ですよね。だからこそいつもよりも、想いを込めたワインギフトはいかがでしょうか。アルコールを嗜むお母さんならきっと喜んでくれるはず。そして、ワインを贈られるなんて、ちょっと成長した自分を感じてもらえる気がしませんか。

そこで、Loinでは、母の日ならではのワインをご紹介します。

母の日ならではのLoinオリジナルワインギフトセット!

お母さんをイメージするカラーといえば何色ですか?

お花屋さんの情報によると、この時期一番売れるカーネーションは何といっても「赤」と「ピンク」です。赤いカーネーションの花言葉は「純粋な愛」「母の愛」、ピンクのカーネーションは「感謝」や「暖かな優しさ」です。

またカーネーションに次いで人気なのはバラです。優美なバラは母の日でも大人気で、かの有名なカーペンターズの曲にも「Days of Wine and Roses(酒とバラの日々)」というのがあります。曲のタイトルにもしっくりいくワインとバラの相性。そんな世界観のもと、Loinでは、地元のフラワースタイリストさんのご協力のもと、ワインとバラのドライフラワーのギフトボックスをご用意しました。

フレッシュなお花も素敵なのですが、ワインとは長い歳月をかけてできる飲み物であり、そんな歳月をたどるようにワインも楽しんでいただけたら。そして、送られた方のタイミングで楽しんでいただける飲み物だと思いますので、その時に傍らに一輪の花があったら素敵ではないかと。

ドライフラワーですが色がとってもきれいに出ており、ワインとお花のシックなギフトボックスに仕上がりました。

是非、あなたの大切な方へのギフトとして贈られてみてはいかがでしょうか。

「母の日限定Loinオリジナルワインギフトセット:バラのドライフラワー付きギフトボックス」のお買いものはこちらです

オンライン接客もスタート

ワイン選びが不安、どれがいいのかわからない・・・そんな方のためにオンライン接客もスタートします。ご来店いただかなくても、LINEのビデオ通話を使って店内の様子や実際のワインを見ていただきながら、お選びいただけます。

ラベルが素敵だから、お話を聞いて納得、細かい要望も聞いてくれた等、よりお客様の目線でのワイン選びをお手伝いします。

オリジナルメッセージカードもご用意していますので、是非、オンライン接客も有効活用してみてください。

※Loinではワインギフト選びのご相談を承ります。贈る人、目的、ご予算をお知らせください。スタッフが最適なワインをご提案致します。

※オンライン接客にはLINE登録が必要です。事前にLoin公式LINEアカウントへアクセスお願いします。

それでは、皆様の母の日がより彩りのある日になるようロワンでお手伝いさせていただけたら幸いです。

一覧ページに戻る

ルワンecバナー

Follow Me!

TOP