ルワンecバナー

国際チーズコンクール受賞 こだわりのチーズを求めて「チーズ工房 那須の森」

ワインと相性のよい食べ物といえばチーズを思い浮かべませんか?

世界最高峰のチーズコンテスト「World Cheese Awards 」2019年大会で入賞を果たし、メディアにも多数ご紹介されているチーズ工房が栃木県那須塩原市にあります。

その工房は那須の自然に育まれながら、こだわりのチーズづくりを続けています。

「チーズ工房 那須の森」さん。今回は、森のチーズの愛称で親しまれているこちらの工房にインタビューをしてきました。

実際にチーズを作られている工房の様子も特別に見学させていただき、チーズづくりの工程や、考え方、ここまでの道のりなどお話を伺ったので、ぜひお楽しみいただけると嬉しいです。

  1. 那須塩原の自然が育む「チーズ工房 那須の森」
  2. チーズ作りのきっかけは本場のチーズとの出会い
  3. 世界大会で入賞という快挙
  4. 無添加チーズへのこだわり
  5. 特別に工房の中を見学させてもらいました!
  6. さいごに
  7. 店舗紹介:「チーズ工房 那須の森」

那須塩原の自然が育む「チーズ工房 那須の森」

今回、ロワンがインタビューに向かった栃木県那須塩原市。那須塩原といえば、観光地、避暑地としても有名ですよね。
さまざまな観光スポットがあり行楽シーズンともなればたくさんの人で賑わいます。

そのような那須塩原の観光スポットから少しだけ離れた板室街道沿いの森の一角に「チーズ工房 那須の森」はあります。
インタビュー中にもたくさんのお客様が来店しており、遠方から訪れるお客様も珍しくありません。

今回インタビューを受けていただいたのは代表の落合一彦さん。

とても穏やかで、やさしさ溢れる笑顔の落合さん。ですが、チーズの話になると熱心に語ってくださる姿は、チーズへの情熱、愛情を伝え、人柄の魅力へあっという間に引き込まれます。

チーズ作りのきっかけは本場のチーズとの出会い

「もともとチーズが好きでした。
それもあり仕事で酪農家さんとチーズ作りをしてますます好きになりましたね。」

「いまから30年以上前の話になります。
フランスの田舎へ旅行し毎日チーズを食べてました。
おいしくて今でもその時の記憶を思い浮かべます。
当時、日本ではフランスのチーズのようなコクと味わいがあるチーズが身近ではなかったです。」

プロセスチーズ、ナチュラルチーズ。
あったとしても農家性が高く100g1000円からと高価なものでした。


「もっとおいしいチーズを身近に味わえるようにしたい。」


このような感情をもち始めたのはこのあたり。
そして定年退職後になかば道楽でチーズ作りを始めました。

チーズの世界大会で入賞という快挙

道楽で始めましたが、おいしいチーズを作ることに妥協はしませんでした。

さまざまな試行錯誤により、「チーズ工房 那須の森」のチーズは生まれています。いろいろなエピソードを体験し、乗り越えここまでたどり着きました。

そして世界中のチーズ工房が集まるコンテスト「World Cheese Awards 2019」にエントリーし、入賞することができました。

その知らせは夜中に電話がかかってきました。感激とともに、最終の審査を泣きながら寝ずに待っていました。

伝統あるチーズコンテストで認められた。
たくさんの人に巡り逢えたからこそ、この賞だと思っています。

無添加チーズへのこだわり

私のチーズをつくるこだわりとして無添加であることがあり、
「牛乳」と「お塩」だけでチーズをつくることです。

まずはチーズの原料となる牛乳。

ブラウンスイスとホルスタインという牛の生乳を使用しており、特に日本では数頭しかいないブラウンスイスはタンパク質などの乳成分が高く、チーズ生産に適しており、コクのある風味が特徴です。

チーズ作りを始めた頃は、牛をアメリカから輸入し私が育てていました。

今では那須の自然のもとで、大切に育てられた牧場の生乳を使用して
無添加へのこだわりをもって全てのチーズを手作りしています。

そのため一度にたくさんはできませんが、じっくりとおいしさがにじみ出た仕上がりとなっています。

もちろん食品添加物や発酵調整剤なども使用していません。
ご家族みなさまで安心してお召し上がれます。

特別に工房の中を見学させてもらいました!

入室するとまずはチーズの元を生成するお部屋

まずはこちらで牛乳を分離します。

牛乳から固形物と液体へ分離されてチーズの元となる部分ができています。

それを丸い型に入れ重りを被せます。

そうすることでさらに水分が抜けチーズの原型となっていきます。

ここから保管期間や、酵母菌、カビの種類によって商品に分けられていくのですね。


次はチーズの保管部屋です。特別に拝見させてもらいました。

たくさんのチーズが並んでいます。

このチーズ全て従業員の方が、手で塩を塗っています。手作りへのこだわりが伝わってきます。

そして湿度へのこだわり、部屋の至る所に室温計があり常にチェックしている方がいます。無添加チーズを作る為、品質管理は徹底しています。

このような段階を経て、こだわりのチーズが完成していくのですね。

また見学中、従業員の方とさまざまなお話をさせていただきましたのでご紹介します。

ある従業員の方は、なんと学生の頃からチーズ作りに興味がありご自身でチーズ作りをされていたそうです。

「作り始めた頃は、なかなかうまくいかずに苦労しました。
ですが何度も試行錯誤を繰り返し、自分が納得したチーズが作れました。
そのチーズを友達に食べてもらい美味しいと言ってもらえたのです。
その言葉がうれしく、ますますチーズ作りに没頭していきました。」

「そのような体験がきっかけとなり、本格的にチーズ作りをしたいと思いました。チーズ作りは奥が深くてすごくやりがいがあります。」


そう語った従業員の方も含め、従業員のみなさまがすごく楽しそうに手際良く作業をされていたのが印象的でした。

貴重な工房見学体験をありがとうございました。

さいごに

チーズへのこだわり、チーズを作る人の暖かさを感じた「チーズ工房 那須の森」

インタビューにも気軽に応じていただき、チーズの試食を通して楽しく会話を進められ素晴らしいひとときとなりました。

ロワンスタッフはこちらのチーズを一口食べてファンになり、今回のインタビューに事が進んだ次第です。

みなさんもこだわり無添加の「チーズ工房 那須の森」のチーズをどうかご賞味ください。

最寄りの方は是非訪れてみてくださいね。

「チーズ工房」那須の森

住所
〒325-0114 栃木県那須塩原市戸田738-4 株式会社チーズ工房那須の森
TEL
0287-73-5420
FAX
0287-73-5419
MAIL
cheese@nasunomori.jp
定休日
年末年始(12月30日〜1月2日)
営業時間
9:30〜16:00
公式サイト
http://nasunomori.jp
オンラインショップ
https://nasunomori.jp/shop/

ロワンオンラインショップで
「チーズ工房 那須の森」のチーズのお買いものはこちらです。

※現在、こちらの商品は大反響のため売り切れとなっております。
 入荷日が分かり次第お知らせいたします。

一覧ページに戻る

ルワンecバナー

Follow Me!

TOP