ルワンecバナー

暑い夏の日に!リキュールを使った大人のかき氷をご紹介♪

いよいよ夏のシーズンが到来しました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
毎日暑い日が続き大変ですが、体力とメンタルは常に回復したいですよね。
そこで今回はリキュールを使ったかき氷をご紹介します。
リキュールを使った大人のほろよいかき氷です。
作り方も簡単ですのでみなさんぜひお試しください。

レシピは簡単♪アレンジもいろいろです!!

作り方は簡単ですよ。
グラスやガラスの器を用意します。かき氷を準備します。
お好みのリキュールをかけて完成です。

材料
・お好みのリキュール
・かき氷

作り方
1グラスやガラスの器を用意する
(氷が溶けにくいように冷やしておく)
2かき氷をグラスにいれる
3お好みのリキュールを注ぎます。

さらにグラスにこだわり大人感を演出してみてはいかがですか?

リキュールに合わせてトッピングをアレンジしよう
かき氷の上に注ぐリキュールと相性のいい果物やアイス、お菓子をのせてオリジナルかき氷をつくってみてはいかがでしょうか?

例えば、りんごのリキュールは桃との相性がいいです。ひんやり桃の缶詰を使ってアレンジしてみてください。
またバニラアイスをかき氷のうえにのせ、ピーチリキュール を注げば大人のピーチフロートのできあがりです。

またお菓子のトッピングでしたらチョコレートはどんなリキュールにも合うでしょう。

さっぱり召し上がりたいのであれば、レモンやライムのスライスを乗せてくださいね。

ちなみに氷が溶けたらストローでおいしくいただいてください。

かき氷の歴史について

かき氷は平安時代からすでに食べられていた様子が「枕草子」に書かれています。
おそらく現在のかき氷とは違ったものにはなると思いますが、削った氷に甘いみつをかけていただいていたそうです。
庶民に広がっていったのは幕末になり、その後、日本の夏の風物詩となりました。
ちなみに7月25日は「かき氷の日」になっています。みなさんはどんなかき氷を食べるか決めましたか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
日本の夏にかき氷はかかせませんよね。
今回ご紹介したリキュールやお酒を使ったかき氷はお店でもいただけることができます。
お近くのお店でお召しできるか、ぜひチェックしてみてください。
お手軽につくれてアレンジも効きますので、ご自身でもつくってみてください。
夏の暑い日に、扇風機の前や縁側で夏を感じながらいただきたいです。
涼みにもいいですし、お酒の力も借りてこの夏をエンジョイに過ごしたいですね。
リキュールで作った大人のかき氷、みなさんもぜひご賞味ください。

一覧ページに戻る

ルワンecバナー

Follow Me!

TOP